スーパーあずさがリニューアル

山梨県民なら親しみのある特急あずさがリニューアルされます。
工業デザイナーの奥山 清行さんがデザイン。
北陸新幹線ヤンマーほか山手線など一度は見たことのある、話題によくあがる製品のデザインや監修をされている世界的な工業デザイナーの方です。

今回は「伝統の継承と未来への躍動」がデザインテーマとのことで、
これまでのデザインから今回シャープでかっこよさが加わったと感じました。
(そうおもうのはラインと黒配色、ライトあたりかなぁ)
松本城の漆黒の天守閣がデザインにもりこまれているところとか、そそる…q

デザインは、イタリアの高性能車・フェラーリなどを手がけた工業デザイナー、奥山清行さんが担当。車体は南アルプスをイメージした雪色が基本で、屋根にスミレ色のラインを入れた。窓は松本城の漆黒の天守閣にちなみ、青みがかったメタリックグレーとした。

座席は、普通車は梓川を意識した青系、グリーン車は落ち着いたワインレッドでそれぞれ統一した。室内照明は、同社在来線特急で初めてLED間接照明を採用。また、各席にパソコンを置けるテーブルとコンセントを設けた。

参考

http://mainichi.jp/select/news/20150803k0000m040024000c.html

とのことです。

公式サイトではスケッチもあって、こういったものは大好物。興奮しますー。
ちょっとアイアンマンっぽいマスクですね。
今のスーパーあずさは新型あずさと比べると結構揺れる気がするので性能も上がったようなので、乗るのが楽しみ。


奥山 清行さんについて

プロフィール

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%A5%E5%B1%B1%E6%B8%85%E8%A1%8C

名言

http://systemincome.com/tag/%E5%A5%A5%E5%B1%B1%E6%B8%85%E8%A1%8C

その他、気に入っている記事

キレイな絵を描けるだけでは価値がない
奥山清行氏が語るカーデザイン、そして山手線から中吊りをなくす意味 | 乗りものニュース

http://trafficnews.jp/post/39397/