デザインという古い枠は死んだ

デザインという古い枠は死んだ!:日経ビジネスオンライン.

「ビジョンを駆動力とするデザイン」とは

未来に対する明確なビジョン(理念)。どういう世界を作ろう。どういう未来を作ろう。どうやって皆を幸せにしよう。そのためには何をしよう――そんな未来に対する明確なビジョンをまずは持つ。そのビジョンがあって初めて、本当に新しいもの、本当の新しいデザインが生まれてくる。

モノではなく、アーキテクチャー

技術というのは必ず陳腐化するし、古びます。パソコンのアプリケーションはどんどん更新されるし、モノ作りの技術は日進月歩です。ということは、技術は「変わる」のが前提です。でも、強固なビジョンというのは、技術の進歩や、時間の変遷に耐え、時代を超えて生き延びます。だからこそ、新しいデザインを生み出す「エンジン」になり得るわけです。

_要因

この方と仕事がやりたい
というのは非常に大きな要因です。

非常に大きい。

絶対断りたくありません。

そういう方が何人かいます。

八ヶ岳のデザイン事務所

私達は八ヶ岳のふもと、及び都内に事務所をおき
web制作を中心に広告媒体の制作を行っています。

経営戦略としてwebサイトや紙媒体などをどう使うか。
どんなものを作ったら理想に近づけることができるか。
そんなことに取り組んでいます。

八ヶ岳のまわりでは、都内ほど多くはありませんが
個性のあふれる方も多いですし、
きっと素敵なデザイン事務所があると思います。
(もちろん山梨の中心街まで)

デザインではとりわけ表現のテイストなど
僕らには出来ないデザインや方法もあると思いますし、
良い機会に恵まれればどんどんお願いしたいと思っています。

今でも様々な事業者と共に成果物への取り組みを行っているわけですが
お客様に最大限効果のある成果物を提供するという
一つの目標へ向け様々な方法、プロジェクト体制により
アプローチをしたいと考えています。

もちろん同業者という感覚が強いと思いますが
協業者として、クライアントへ満足してもらえる成果物へ向けた
取り組みを行えればと思う次第です。

今後、体制や環境も変わってきそうで、
また2013年度が楽しみな今日このごろ。

個人事業としてはまだ6年生くらいですが、
そこかどこか、また新しい空気の流れができるのかもです。

CREATIVE POSITION:YAMANASHI-TOKYO; -コンクリートと森の中でホームページ制作。-

山梨でのホームページ制作

山梨でのホームページ制作

僕は地元である山梨県北杜市でWEB制作を行っています。

都会にも制作会社が沢山ありますが
今回は、山梨の制作会社について。
確か始めて知ったのは2004年ころだとおもいます。
ホームページに載っている言葉は随所にとても共感できるところがあります。

ジオデシック・クリエイトは現在、
こじんまりなSOHOオフィスでホームページ制作を行っていますが
「東京」と「山梨」での制作作業を行っており、
将来的にも、出来る限りこのスタンスを保ちたいと思っています。

自然の中でクリエィティブを行い、
都会の中に供給する。

自分には生まれながらにチャンスがあるので
土地を生かした制作環境を整えたい。

株式会社 0(株式会社0[Zero])さん
http://www.04u.jp/
いつかお会いしたいなぁ。

ハイスタンダード

ハイスタンダード(Hi-standard)が好きです。
彼らは自分たちの音を信じ自分たちの道を切り開き進んできました。
「自分たちの音は自分たちの音が好きな人にだけ聞いてもらいたい。だからCMは断った。」

音や詩もさながら、そんなマインドが、かっこよかったです。

高校の時からものすごい回数聴いています。
色々と人間形成にも影響があったとおもいます。

そんでもって、
たまたまホームページを見ていたら佐藤可士和さんが
2ndアルバムの「ANGRY FIST」に
アートディレクターとして関わってたことを今日初めて知りました。

http://kashiwasato.com/#hi-standard

日々発見があるもんだ。

ハイスタンダード

学ぶ者

モチベーションアップや世界を知るために
昼休憩に「情熱大陸」や「ルビコン」をよくみます。

今回はウイルス研究家(ウイルスハンターと呼ばれているらしい)
高田さんの話。

液晶に映る彼は学者ですが、
デザインという側面で例えると、
あるいみ自分もまた学者だと考えます。

向かい合い、新しい物を解析し、発見し、表現し、そこに向かう為に学びつづける者。

また、
向かい合う者がウィルスだけに研究環境は
強固で不備がないようにとても整っているのですが
こちらも、
もっともっと表現を研いでいくためには
制作環境を整え、集中して向かい合い
己と戦うためにはまだまだ出来る事があるなと思いました。

環境整理もして、
クリエィティブ時に脳に無駄が起きないようにはしていますが
まだまだ、突き詰めれる。

さてパワーが湧いてきたので、てな、かんじでおしまいです。
皆熱意がある。

おかげで一気にコーディングが進みそうです。